担い手がいないから

少子高齢化の時代の現在では、機械の技術を継承させるための担い手が不足しつつあります。産業を支える担い手がいない状況となれば、経済も自立できなくなります。海外から人材を求めなければ、機械を量産して作り続けることも不可能になります。機械の設計を行う担い手が不足するのも大問題です。高度な設計技術を持った人は世界中で活躍できます。夢と希望がある仕事ですが、後継者がなかなか見つからないのが現状です。 日本は資源が乏しい国ですが、優れた機械技術のおかげで世界を牽引する経済大国にまで成長しました。これからも物作り大国として成長を続けるためには、何とかして担い手を増やさなければなりません。少子化の問題を食い止めることが最重要課題ですが、機械を製作する現場においても対策が必要です。資格取得を支援するための教育施設も増やす必要があります。そして、子供に対しては機械に興味を持てるように育てることも大切です。教育の分野から対策をして、担い手がいない状況になるのを防ぐことが急務です。

Copyright© 2015 機械系の資格を持つことの意味は All Rights Reserved.